2009年07月31日

園芸百科【古典園芸植物】・古典園芸植物とは

古典園芸植物は、江戸時代に日本で逆援育種、改良され、独自の発展を遂げた園芸植物、また明治時代以降でもその美的基準において栽培、童貞育種されている植物の総称である。一部中国に鑑賞の起源を持つものもある。研究者や愛好家によりその範疇は多少異なり、特に草本類及び小灌木を指し、江戸時代から発展した植物でもサクラやカエデなどの灌木類は含めないことが多い。ただしここではもっとも広義的な範疇として、前述の定義に基づく解説を行なう。マツモトセンノウやトコナツのように、かつて多くの品種があったが失われてしまったものもあれば、キクやハナショウブのように、普通の園芸植物として現在世界的に普及しつつあるものもある。「古典草花」、「古典植物」とも呼ぶ。
posted by 庭の松 at 12:35| 古典園芸植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
QRコード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。