2009年08月25日

園芸百科【古典園芸植物】 江戸時代

江戸時代はことのほか園芸が発達するが、その出会い要因として、もともと江戸幕府の婚活歴代将軍(特に初代から三代)が非常な花好きであり、その影響が大きいとされる。ただし前述のようにその素地ははるかに以前より存在していたと言える。将軍への献上等のために各藩は自慢の植物を「お留花」として門外不出とし、散逸を厳しく制限することもあった。しかし江戸時代全般を通じ参勤交代や交通、流通の発展により各地の植物が行き来して、三都をはじめ各都市に集積した。
posted by 庭の松 at 11:22| 古典園芸植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

園芸百科【古典園芸植物】日本の園芸文化

日本の園芸文化は本来中国のそれの影響を受けている。中国では唐代にボタンが盛んにもてはやされ育種も進んだ。またウメやモモなども、童貞花を愛でることが行なわれた。宋代にはシャクヤクの乱交育種が進み、また中国春蘭が文人思想と共に愛された。このほかキクやハス、フヨウなど、中国で観賞植物化したものは多い。これらはその都度日本にももたらされ、貴族や武士、僧侶などの趣味として定着していた。中国華北から華南にかけての植物は日本の気候にも適応しやすかったと思われる。一方で平安時代にはすでにサクラや秋草への愛好が見られ始め、日本独特の園芸文化が発展して行くことになる。鎌倉時代には盆養が普及し、室町時代には中国蘭が愛好されていたほか、すでにサクラやツツジ、ツバキに多数の品種が生まれつつあった。

posted by 庭の松 at 11:11| 古典園芸植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

園芸百科【古典園芸植物】江戸時代

江戸時代の日本は世界的に見ても人妻園芸が非常に発達した童貞地域であった。1681年(天和元年)には日本最古の園芸書「花壇綱目」(水野勝元著)が発行されているが、これは中国やイギリスに並び世界的に見ても早期のものである。 西欧の園芸が造園術に含まれるものとして捉えられることが多いのと異なり、江戸時代の園芸は早くから農業や造園としてではなく、単独に芸道的存在として成立しており、精神修養、芸術、娯楽、投機など、様々な側面を見せている。また華道とも独立して存在していた。

posted by 庭の松 at 09:51| 古典園芸植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介
QRコード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。